切除法の選択をする時には自分に合う方法を考えます

サイトメニュー

機関を選択する前に確認

女性

掛かるお金や機関の選択方法

いぼの治療方法には大きく分けて2つの選択肢があり、保険適用か保険適用外があります。保険適用の場合は1割から3割負担の費用になりますが、保険適用外では全額自己負担になります。保険適用の治療には液体窒素による凍結術や電気メス、ヨクインニンという漢方による内服療法があります。一般的な皮膚科や形成外科で受けられ、症状に合わせて施術方法は異なります。保険適用なので初診料も含めて1500円程であり、加えて状態による塗布薬等の外用薬費用が必要になります。保険適用外では美容整形外科や美容クリニック等で受ける事ができ、レーザーが主流になっています。レーザー治療は保険適用外ですが、美容目的のクリニックなので綺麗に取り除いてくれるメリットがあります。全額自己負担になり、1部位3000円から5000円程が全国平均になります。当然いぼの大きさや数によって費用は異なり、クリニックによっても価格設定が異なる場合もあります。美容クリニック等は自由診療なので、キャンペーン割引や会員割引を設定する事も可能なので、それらを活用する事で保険適用と変わらない費用で治療を受けられる事もあります。
いぼの種類はウイルス性と加齢性があり、種類や状態によって最適な治療方法は違います。ウイルス性の場合は他者に感染する可能性も高いので、早めの受診が推奨されています。加齢性は紫外線等が影響しており、放置する事で肥大する事もあります。いぼの治療の特徴は言わば保険適用で安く再発を防ぐか、費用が掛かっても綺麗に取り除くかに分かれます。保険適用の場合は綺麗に取り除くよりも再発を防ぎ治癒させる事が目的なので、傷跡や治療後が残る可能性もあります。顔等目立つ場所にできた場合、特に女性の方ならその予後も加味して選択するか悩む所です。目立つ場所にいぼができた場合、術跡が残らず綺麗に取り除きたいなら美容クリニックによる保険適用外治療が適しています。美容クリニックの目的は美しく仕上げる事なので、いぼの除去だけでなくその後の肌の状態まで治療範囲になります。いぼは状態によって根が深く、術跡が残りやすいものです。それを避ける方法として美容クリニックを特に女性の方が選択しています。現れた場所や状態によって最適の方法は異なるので、双方受診し状態や施術内容、副作用を聞いてから選択するのが良いでしょう。

Copyright© 2019 切除法の選択をする時には自分に合う方法を考えます All Rights Reserved.