切除法の選択をする時には自分に合う方法を考えます

サイトメニュー

切除する前に

看護師

選び方やその効果

いぼが見えるところにあると気になるものです。それが顔にある場合は、特に人の目線が気になることが少なくありません。自分で取ろうとしても、なかなか取ることができないだけでなく跡が残ってしまったり問題が生じやすくなったりするでしょう。これは、よほど小さなものでない限りやはりいぼを自分で治療するのは難しいものです。そこで、治療してもらえるクリニックを選ぶ必要がありますが、いったいどのような基準で選んだらよいのかが気になるところです。まず選ぶ基準の一つとしては、自分に合ったところを探す必要があります。もう少し具体的に述べると、カウンセリングをした時に特にストレスなく会話ができることでしょう。たいていカウンセリングをしてくれる医者は自分の施術を担当してくれる医者になりますので、その段階で会話がかみ合わなかったりストレスがたまるような雰囲気があるとやはり問題があります。もしストレスなく会話ができたりこの人なら信頼できるともった場合には、そのまま施術をしてもらった方がよいでしょう。これに加えて、アフターケアのことも十分に考慮してくれるところがよいです。施術後の検診をしてくれる所も安心できるでしょう。
いぼ治療を行う場合の効果ですが、最近はレーザーで行うことが多くなります。レーザーで行える範囲はまだいぼが小さい段階ですので、大きくなってしまった場合にはメスを入れる必要が出てくるでしょう。レーザー治療に関しては、痛みがそれほどないにもかかわらず数日もすると少しずつ目立たなくなってくるのが特徴といえます。しかも、ダウンタイムが短いのが大きなポイントと言えるでしょう。つまり、手術をするわけではありませんので長期的にいぼの部分にシールなどを貼っておく必要がありません。わずか数日ではがすことができるのが魅力の一つです。2週間も経過すると、完全に治療した場所が分からないようになります。ただ、いぼの大きさが直径5ミリ以上になる場合にはレーザー治療では結果が出ないこともあります。仮にレーザー治療したとしても、十分な効果を得ることができず時間だけがかかってしまうことになるでしょう。この場合には、切除した方がメリットが大きくなります。まず何より、麻酔をしますので痛みがほとんどありません。痛みがあるといっても最初の注射だけでしょう。ダウンタイムは多少かかりますが、確実にきれいになりコンプレックスをなくす効果があります。

Copyright© 2019 切除法の選択をする時には自分に合う方法を考えます All Rights Reserved.